催眠術の原理とかけ方

催眠術がヤラセではなく、れっきとした心理学に基づくものであることは皆さんも既によくご存じだと思います。

さらに、催眠術を会得することはとても簡単であることから、実際に催眠術をかけることができるようになった方も最近では少なくはないのではないでしょうか。

催眠術を学び実際に使える方はだいたいこの原理はわかっていると思いますし、その説明の仕方もみなさん様々だと思いますが、

私の場合、初心者の方に対してはこのように説明している、というのを今日は紹介しますね。

眠術は科学

催眠術というと、どこかオカルトチックな超能力や魔法のようなものをイメージされているかもしれません。

しかし、催眠術は心理学を主とした技術です。 つまりは、メソッドさえ知ってしまえば、誰でも驚くほど簡単に掛けることができます。もちろん、あなたにも。

欧米では治療で使われているところもありますし、大学の学問としても取り扱われています。

では、その催眠術とは一体何なのか。

簡単なものを少し体験して頂きましょう。

催眠とは一体何なのか

催眠術とは簡単に言うと、「様々な思い込ませる技術を使い、相手の身体や脳に変化を与えること」です。先ほどのレモンも催眠術と言ってしまえば催眠術です。

その辺りの思い込ませる技術というのが催眠術の秘密であり、技術ということなります。 多種多様なものがあり、その人の属性に合わせて、その技術を使い分けます。

催眠術の「術」は技術の「術」です。誤解が多そうなのでもう一度言っておきます。催眠術は、決して魔法や何か不思議なパワーでもなんでもなく、誰でも、学べば習得できる技術です。

From 催眠術、催眠療法のガイド, post 催眠術の原理とかけ方