催眠療法の有効攻略

(1) 何は催眠療法ですか?

催眠療法はメンタルな医者が不断の重複を運用していて、単調な言葉あるいは動作などは、患者の感覚器官に刺激して、それに意識するように仕向ける状態のだんだん1種の特別な境界に入る技術。催眠術を施行した後、患者は茫然していることを表現して、1種の縮小した意識を現れて状態を分けて、個はメンタルな医者と密接な感じを維持して関係することが当然で、服従してメンタルな医者の指令とヒントを受け取る。その時、メンタルな医者は患者に心理を運用することは、流れをよく、解釈分析してあるいはアナログ、想像、年逆戻りを取って等方的に法は心理が治療する。

(2) 催眠術を掛ける状態の標準

治療からの効果は出発して、催眠後の患者を経過して、能力的に下がることを批判することを知ることを見て知って、メカニズムを防御して弱まって、表現気が動転するほど、受け身は服従しています。その時、暗示的効果は比べて回復していて状態下に明らかで、患者の情感、意志と行為などの精神活動はメンタルな医者のヒントと転換することにあるいは指令してそれで、周囲事物に大いに感受性を下げました。催眠術を掛けていて状態下に、患者は起を再度思い出すことができてすでに”失念”の経歴と体験に、暢は内心の奥義と内緒事を述べられる。

(3) 催眠療法の適応は証明します

催眠療法応用範囲は比較的に広くて、同様にその他メンタルな治療法と使用することを組み合わせます。例えば、行為療法を矯正することと神経を治療することを組み合わせて、筋肉システムの心の体疾病効果はより良いです。自余は、ある神経の病状に応じて、心臓血管系の統、消化器系の心の体疾病および神経性の皮炎症、円形脱毛症、遺尿、吃りなどは全て応用することができて、一般に全部比較的に理想的効果を取得することができます。

(4) 催眠療法のものは具体的であり応用します

催眠術を掛けて治療するときに、静かな薄暗い環境を選ぶことが当然で、患者に快適な体位(臥でいずれでもよろしいです)を選んで、呼吸を調整して、全身の筋肉を弛めます。常用の具体的実施方法は法を凝視すること、拍子の法があります。何法にも拘らず全てヒントを話すことを加えなければいけない。メンタルな医者は単調な柔らかい音声を使って、有力な話しぶりを固めることは反復して患者にヒントを教え導いて:”あなたの頭はあいまいであったことを開始して、あなたのまぶたは疲れてだるくて始めて、重く発しました……あけ始めることができなくて、あなたはもう目を肥やさなかったことをあけます……あなたの四肢は全て重いと感じます……頭はますますあいまいで、あなたは眠くしなければいけなくて、眠るでしょう!熟睡するでしょう!”。催眠術を掛けた誘導につれて、患者の漸の覚は疲れて眠たくて、考えは眠ります。ヒント性がよくて、とても短い時間がすぐ催眠状態に入ることただかかる。その時、メンタルな医者は患者の症状に基づくことができて、それにすでに忘れる過去に経験することを思い出させて、傷体験などを排水します。

終了後を治療することを扱って、患者をすぐに起こすことができて、あるいはそれに就寝させ終わる後はしだいに覚める。患者を起こして一般にこのような指導の語を使って:”よくて、終ったことを治療して、あなたは気分がよく就寝することができて、覚めた後、あなたはきっと元気いっぱいができて、頭は回復する。”。実践証明書は、正常な人込みの75%にな人を約束することに催眠術を掛けられることができます。ただおのおののため程度を暗示して相違を受け取って、エネルギーが深度催眠状態のものに入ってただそのうちを占める25%は、度の40%に当たって、一部分の人を残してただ浅さの催眠状態に入ることができます。そのため、この法のメンタルな医者を使用して、専門的に訓練することを経過しなければいけないです。

From 催眠術、催眠療法のガイド, post 催眠療法の有効攻略